ちこ丸の庶民派生活2

札幌のランチを中心に、食関係のあれこれを軽くレポートします。

佐藤水産 大通公園店のじゃがバター職人~秋鮭石狩味~

R6年1月末に移転オープンした水産物専門店の、大通公園店オリジナル商品をテイクアウトしてみました。

北海道新幹線延伸に伴う札幌駅周辺の再開発工事のため駅前店を閉め、その代わり(と言っていいのかな?)に、大通り公園沿いに佐藤水産 大通公園店がほぼ1ヶ月前にオープン。

まだ新店舗の雰囲気がむんむんするこちらに行ってみます。

鮭の加工品や海産物など通常の商品の他に、売られている大通店限定のオリジナルの商品。ゆくゆくは券売機でチケットを買うシステムになるのでしょうが、今はまだ

名物大きなおむすびやお弁当販売コーナーの横にある、有人の受け付けカウンターで♪

塩ソフトクリームや同じくこちら限定の石狩ぱふぇ丼なども販売している中…

じゃがバター職人(380円)の(3種類の味の中から)秋鮭石狩味をテイクアウト。

皮つきのまま焼いたじゃが芋と別容器入りのバター&秋鮭石狩味(特製糀に漬け込んだ秋鮭と若干のいくら)が渡されます。

お家で食べてみましょうね、まず、お芋をチンして

バターを溶かし、上から秋鮭石狩味も載せてっと。

バターのコクが移ったお芋に、糀の醸しだす旨みのった秋鮭。ほっこり食感とほどよい塩加減のねっとり感、洋風のものと純和風のもの、相反するものの組み合わせの妙です。

佐藤水産 大通公園店オリジナルのじゃがバター。いかにも北海道!といった旨さがありますわ。

ごちそうさまでした ♬

Cafe 倫敦館で、スパゲッティナポリタンランチ@西11丁目

雰囲気のある老舗珈琲店に行ってみました。

札幌市営地下鉄東西線西11丁目駅から地上に出て、大通り公園を横切りまっすぐ北上すると、北海道大学植物園(裏側)のすぐそばの通称ミニ大通りの始点に出ます。そのあたりにあるCafe 倫敦館(ろんどんかん)。

高く大きな窓が印象的なコンクリート系モダンな館風の外観とすぐ前に植えられている木が印象的な、老舗カテゴリーの喫茶店です。
数段の階段の先の入口とおぼしきところの扉を開けると

また扉。

それも開けて中に入ると、アンティーク家具が置かれ、ぐっと落ち着いた雰囲気の店内。2階へと続く螺旋階段が目を引きます。

席に案内され、倫敦館's "ランチ"から

スパゲッティナポリタンランチ(コーヒー、サラダ付 1000円)を注文。

ナポリタン、サラダ、粉チーズ、カトラリーをのせたトレイが運ばれてきます。

サラサラの粉チーズをたっぷり振りかけてっと。

ウインナー、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルームなどの具材が思った以上に入っているひと皿。(それほどではないものの…)ケチャップたっぷり味はお約束。フォークでくるっと巻いて、ちゅるるん。うふふ、昭和の舌にはなじみ深い味わいです♪ 

食後には

こちらのブレンドコーヒーを。

Cafe 倫敦館で寛ぎながらいただくナポリタンセット。久しぶりの、王道の喫茶店ランチでしたわ。

ごちそうさまでした ♬

カレー専門店 印度の日替わりカレー@大通り

カレー専門店でチキンカツカレーを食べてきました。

札幌市営地下鉄さっぽろ駅から大通り駅までをつなぐ地下歩行空間に直結している敷島ビル。こちらの地下名店街には、昔からの喫茶店寿司店、蕎麦店、汁なし担々麺のお店など、数軒の飲食店が集まっています。

その中の1軒、角にあるカレー専門店 印度北2条店へ。

煉瓦の落ち着いたトーンで統一された、カウンター席だけの小さなお店です。
めにゅー表とは別に、

曜日によって日替わりのサービスカレーがあり、この日はチキンカツカレー(750円)。入口にもお知らせがあったので、それをオーダー。

おお、スピーディーな提供♪

大きなお皿に千切りキャベツのサラダと、チキンカツカレーがど~ん。真っ赤な福神漬けを添えていただきましょう。

うふふ、カツの上にとろ~りかかったルーカレー。けっこうスパイス感があって、中辛くらいになるのかな。食べやすい。

続いて、フォークに持ち替えて、チキンカツをあむっ。衣がサクッとしていていい感じ。

カレー専門店 印度でいただく日替わりのチキンカツカレー。早い、安い、そこそこボリュームがあって、そこそこ旨い…ファストのカレー店はこうでなくっちゃ!でしたわ。

ごちそうさまでした ♬

PARK PERK の PARK PLATE モーニング@西8丁目

気になっていたカフェのモーニングを食べてきました。

札幌の市電西8丁目駅のすぐそばにあるカフェ&バー PARK PERK(パーク)。暖かい日が続いて雪がけっこう溶けていたのに、またどかっと降ってきて…

けっきょくカフェ前に積んだ雪が凄いことになっているこちらへ、今度はモーニング(9:00~11:00 L.O10:30)を食べに♪
カウンターで PARK PLATE(drink bar付き 1200円)をオーダーし、会計を済ませます。

ドリンクバーコーナーから

ホットコーヒーと

マンゴージュースを取ってきて飲んでいると

メインプレートが運ばれてきます。
鮮やかなグリーンのサラダ、シメジや舞茸のソテー、ミニトマトのマリネ、ポーチドエッグ、

そして、ミルクスプレッド(かな?)が真ん中に塗られたトースト。

うふふ、カリッとしているのにしっとりしていて、香ばしいのにほの甘さがあって…こういうの、好きです。

お洒落なカフェパークでいただくモーニング。目にも楽しく、ちゃんと美味しいプレートでしたわ。

ごちそうさまでした ♬

↓ 前回の記事はこちら ↓

chicomaru.hatenablog.com

邦寿しの海鮮ちらし@大通り

お昼は予約でいっぱいの寿司店に行ってみました。

札幌のシンボル時計台のちょっと北西側にある小路に面するビルの3階に、邦寿し(くにずし)はあります。

ひっそりしているように見えますが、たいていの場合ランチは予約で満席との張り紙が。
珍しく予約をしていたので、堂々と扉を開けて店内へ。入ってすぐ左手は大きく開放的なカウンター席、奥には個室風小上がり席もあります。

ランチメニューから

海鮮ちらし(上 1980円)を注文。

まずは茶わん蒸しの登場。

スプーンでちゅるるん。意外としっかり味がついていて、海老などの具材も入っていて、なめらかな納得の味わい。

続いて、平たく大きな丼盛りの海鮮ちらしと潮汁。

うに、いくら、いか、サーモン、はまち、甘えび、中とろ、ほたて等…綺麗です♪

程よい加減の酢飯に振ってある極細切りの海苔と胡麻。色付け程度に桜でんぶも。それぞれのネタにわさび醤油をちょっと浸けて、ご飯と一緒にいただきましょう。うふふ、それぞれ美味し。

ひと口デザートは胡麻のアイスクリーム。

ひんやりと香ばしくって旨っ

邦寿しでいただく海鮮ちらし。豪快な海鮮系のちらしとは一線を画す、品の良い仕上がりのちらしでしたわ。

ごちそうさまでした ♬

中国料理 布袋本店のお試しセット@西8丁目

久しぶりに、ザンギが有名なお店の本店に行ってみました。

札幌の市電西8丁目駅と中央区役所前駅の中間くらい、電車通りに面している中国料理 布袋本店。市内には、色々なこちら系列の支店がありますけれど、この本店はまさに別格・別次元! 

歴史を感じさせるというか、油ギッシュ度合いが高いというか、昭和のまんまの街中華店といった風の造りです。

それなのに、卓上にはタブレットが堂々と置かれていて…

ちゃんとアナログのメニュー表もありますけれど

基本的にはタブレット注文する仕様になっています。
さっそく、お試しセット ランチ限定(ザンギ2個とミニ麻婆飯 950円 ライス小盛り-60円)をタップしてっと。

少し待つと、運ばれてきたセット。
ザンギが2つ、ちょっとボリューム控えめな麻婆飯に添えられています。

まずは麻婆飯をひと口。

お、ピリリとした辛さが光る味わい。旨辛の餡はライスとの相性もよく、がつがつっとかき込みたくなります。

大きなザンギは、別添えのスペシャルなたれに浸けていただきましょう。

あつあつ、はふはふ、お約束通り、外側はカリッとしていて、内側の鶏肉はジューシー。そこに爽やかな旨みタレが絡んで♪ これこれ、これです、この味です。

行列の絶えない布袋本店でいただくランチのお試しセット。ボリューム重視感のあるこちらの、「そこまで食べない人」にとっては嬉しいセットでしたわ。

ごちそうさまでした ♬

↓ 赤テラス店の記事はこちら ↓

chicomaru.hatenablog.com

cafe E.denで、ピスタチオドリンク(アイス)@大通り

パフェやジェラートが人気のカフェで、ナッツの女王のドリンクを楽しんできました。

札幌TV塔の近くに建つ百貨店 丸井今井札幌本店一条館の2階(=ラグジュアリーなフロア)にあるcafe E.den(カフェエデン)丸井今井店。

ひと休みしようと、この静かなカフェへ。
季節のパフェやジェラートなどが楽しめるこちらで、ピスタチオドリンク(ホットorアイス 1200円)を

ちょっと暖かい日だったのでアイスでオーダー。

まずは、コロンとのっかっているまん丸ジェラート

細長いスプーンでひと口。おお、口いっぱいに広がるナッツの香ばしさ。う~、これはたまりません。

続いて、ミルク感たっぷりなピスタチオ色のドリンクを♪ うふふ、ちょっと甘めで優しくナッティーさ全開テイストです。

カフェエデンでいただくピスタチオ好きのためのドリンク。丁寧な接客も心地よく…間違いのない味わいが思いっきり楽しめましたわ。

ごちそうさまでした ♬

↓ 桃ソーダの記事はこちら ↓

chicomaru.hatenablog.com