ちこ丸の庶民派生活2

札幌のランチを中心に、食関係のあれこれを軽くレポートします。

セコマニア検定の認定証

FANBOOKに付いていたセコマニア検定を受け、セコマニアに認定されました。

今年の8月、セイコーマートFANBOOKセットを買い、

chicomaru.hatenablog.com

セコマの商品を楽しませてもらったうえ、セコマにちょっと詳しくなりまして…そのセットに入っていたセコマニア検定を受けてみました。

3択の50問ある問題を解き、解答用紙を送って結果を待っていたところ、先日、採点済みの解答・問題用紙が返送されてきました。1問2点で、80点が合格ライン。
「そんなこと、普通は知らん!」といったマニアックな難問もさくっと交ぜてあって、不安に思っていました、1カ月以上もかかっているし。

が、(優秀な成績とは言えませんけれど)無事合格。どうやら勘で乗り切れたようです。

これが、同封されていた名刺大の「セコマニア検定認定書」。

ちょっと嬉しい。

セコマでこれを見せたからといって、割引があるとか、特に特典はありませんが、財布にいれておこっと。

同封されていた解答・解説集でも楽しませていただき
ありがとうございました ♬

吉翔のヘルシー丼@大通り

リピーターに人気の丼ランチをしてきました。

札幌市営地下鉄さっぽろ駅と大通り駅をつなぐ地下歩行空間に直結しているノースプラザビル。居酒屋、ラーメン店、スープカリー店などが入っているこちらの地下飲食店街の、奥のほうにあるのが札幌の地酒「千歳鶴 」の蔵元直営 吉翔(きっしょう)です。

カジュアルな割烹といった風の店内でのランチは種類も豊富で、近所のオフィスワーカーにとても人気があります。

リピーターに好評だというヘルシー丼(650円)を。

大ぶりの鰹節がのっている丼ご飯が主役。香の物と根菜入りのみそ汁、

それから、生卵と、

海苔、小口ねぎ、とろろ、オクラ、納豆、そしてイカを盛ったお皿付き。

まずはイカ刺しの味見を。おお、ピンとしていて新鮮なのがまるわかり♪

さあさ、卵に醤油を入れてかき混ぜ、ご飯にかけ、かつお卵かけご飯に。うふふ、シンプルで安定の旨さ。
続いて、とろろイカなどに醤油をたらし、全てをかき混ぜ、その卵かけご飯丼に載せてっと…ヘルシーねばねば丼の完成。箸をスプーンに持ち替え、かき込みます。美味っ。

一気に食べ終えると、ランチサービスドリンク(11:00~1130、13:00~13:30限定)のホットコーヒーが

運ばれてきます。

吉翔でいただくヘルシー丼のランチ。かなりの満足度ですわ。

ごちそうさまでした ♬

↓ 前回の記事はこちら ↓

chicomaru.hatenablog.com

くに美のハンバーグ定食@中央区役所前

北海道プレミアム牛を使ったステーキ丼が有名なお店の、ハンバーグ定食を食べてきました。

札幌の市電中央区役所前駅が最寄り駅で、中央区民センターの少し先にあるステーキ丼くに美。いつもは入店待ちの列ができているのですが、この日は珍しくなかったので行ってみると、

外に並んでいる人はいなかったものの店内には2組待ち。少し待ってからの入店です。

8割くらいの方がステーキ丼を食べている中、

数量限定 くに美のハンバーグ定食(ごはん、お味噌汁、サラダ付き 1280円)をオーダー♪ ソースはオニオンソースをチョイス。

その定食の登場です。メインはパプリカが振りかけてあるアートなハンバーグ。

陰に、焼き野菜(ズッキーニ、カラーピーマン、カボチャ、インゲン、カブなど)を従えてゴロっ。フライドオニオンや小ねぎのトッピング付きです。

ふっくら焼かれた塊をお箸で割ると

あふれでる肉汁がオニオンソースと交じり合い…思わずスプーンがほしくなります(笑
2種類の粗さのひき肉でできているというハンバーグ。旨~

北海道赤身牛を使ってつくる くに美のハンバーグ。肉肉しさ全開で、見た目も華やかなひと品でしたわ。

ごちそうさまでした ♬

↓ 前回の記事はこちら ↓

chicomaru.hatenablog.com

まるひらの正油ラーメン@釧路市浦見

老舗の王道ラーメンを食べてきました。

釧路市の中心部からちょっと離れた住宅街に建つラーメンまるひら厳島神社近くにある、昔ながらの一軒家ラーメン店です。(事前リサーチで)いつも行列ができているとあった通り、この日も十名以上の行列が

できていたのですけれど…回転率が高いため、そう待たずに入店でき、思った以上に早くカウンター席へ。

店内に貼ってあるメニューは実にシンプル。味は正油か塩の2択、あとは量の3択(通常、大盛、特大)のみです。

正油ラーメン(700円)を注文します。

運ばれてきた1杯は、しっかり醤油色したスープに、チャーシュー、メンマ、長ネギ、海苔のシンプルなトッピング。昭和のラーメンといった風です。
まずはスープをひと口。お、魚介系の出汁が効いていて、深みが増した昔ながらの味とでも言いましょうか。嫌味のないスープには「お久しぶり!」と感じるような旨さがあります。

そして、これが釧路名物(?)の細縮れ麺。

少し固めのゆで上げ加減は私好み。ずず、ずずずずず~っ♪ がとまりません。

道東の街釧路で食べるまるひらの正油ラーメン。熱々なのに一気に麺をすすりスープまで飲み干したくなる、そんな1杯でしたわ。

ごちそうさまでした ♬

道の駅 厚岸グルメパーク 味覚ターミナル・コンキリエ内のエスカルで、カキバラエティ@厚岸町住の江

道東にある道の駅で、牡蠣ざんまいをしてきました。

車で5時間以上かけ、札幌から北海道のかなり東にある厚岸町(あっけしちょう)へ。目指すは、道の駅飲食部門ランキング(2022年度)で12年連続第1位に輝く道の駅 厚岸グルメパーク 味覚ターミナル・コンキリエ。こちらでは1年中牡蠣を食べることができます。

1階は総合展示販売コーナーや総合観光案内所、カジュアルなオイスターカフェ&イートインスペースなど。そして、2階には3軒のレストランが。そのうちの1軒レストランエスカルへ。

いろいろな牡蠣(生牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣フライはマスト)が食べたかったので、カキバラエティ(5000円)を注文します。

まずは生。小ぶりに見えますが、じゅうぶんな大きさの

艶が美しい牡蠣にレモンを絞りかけ、ちゅるるん。

うふふ、つぅるんつぅるんの食味、これこれ、これが食べたくてはるばると。
きーんと冷えていて、しみじみうま~ぃ

続いて焼。

熱々の上殻を外してっと。ぎゅぎゅっと旨みが詰まっているレアっぽい身をぱくり。

ちょっと塩気がきつく感じるけど、十分にうま~ぃ

それから揚。

小ぶりながら、衣の中にはジューシーな牡蠣。ウマっ
味変でタルタルを付けて、ぱくぱく。

〆は和風かきスパゲティー。取り分けてっと。

具材になっている牡蠣自体は旨みが抜けちゃった感がある…けど、パスタは普通に旨し。

いつもお昼は激込みのコンキリエのレストラン。夕方からの早夕食で正解です。入店待ちもなく、ゆっくりと牡蠣を味わうことができましたわ。

ごちそうさまでした ♬

The.LIGHTHOUSE COFFEE & BEER の、まろんシェイク@大通り

カジュアルな万能カフェで、ひと休みしました。

札幌の市電西4丁目駅と狸小路駅の中間くらいにあるファッションビル PIVOT(ピヴォ)。こちらの裏手に The.LIGHTHOUSE COFFEE & BEER(ザ・ライトハウス コーヒー&ビア)はあります。

コーヒー、ドリンク類、パフェや焼き菓子はもちろん、お食事系では北海道ザンギプレートもあります、お会計はカウンターでの先払いシステム。

秋のタルトも美味しそうで迷いますが、まろんシェイク(650円)をオーダー。

席で少し待っていると、シェイクが運ばれてきます。

あっさりクリーム上に、こんもりとクラッシュまろん

太いストローをさして、ひと口すすると…おお、まろん味♪

小さなチョコチップ入りです。うまっ。

あえてのセコハン感が心地よいテーブルと椅子の、ザ・ライトハウスコーヒーでいただく秋らしいシェイク。

ごちそうさまでした ♬

春楡珈琲店で、春楡日和ケーキセット@西11丁目

自家焙煎にこだわる小さな珈琲店でケーキセットを食べました。

札幌市営地下鉄西11丁目駅から石山通を南に下って行くと左手に月寒通が見えてきます。この大きな通り沿いにひっそりとあるのが春楡(はるにれ)珈琲店。今年(R4/2月)オープンした珈琲店です。

グリーンを基調とした落ち着いた雰囲気の店内に入ると、ほぼ満席。なのでカウンター席へ。
オムライス、サンド、パスタと、少数精鋭のお食事系メニューもあります。が、本日は、

春楡日和(はるにれびより)のケーキセット(950円)をオーダー。ドリンクはホット珈琲(小春ブレンド)をチョイス。

これは、こちらオリジナルのバタークリームケーキです。キャラメル&コーヒー風味のスポンジ生地に2層のバタークリームがはさんであって、プレートに散らしたクランブルetc.もさりげなくオシャレ♪

フォークでひと口大にカットして、お口へ。しっとりやわらかい生地と少し固めのクリーム。どちらも優しい甘さで、引き立てあっています。うふふ、美味し。

オーナー夫妻の丁寧な接客も心地よい春楡珈琲店でいただくケーキセット。【自家焙煎珈琲と手作りケーキで日常に小さな幸せを】を、たっぷりと味わわせていただきましたわ。

ごちそうさまでした ♬