ちこ丸の庶民派生活2

札幌のランチを中心に、食関係のあれこれを軽くレポートします。

布袋 中央市場店で、牡蠣の中華粥定食@二十四軒

札幌でザンギが旨いと評判のお店の5号店に行ってきました。

札幌市営地下鉄二十四軒駅とJR桑園駅の中間くらいにある札幌市中央卸売市場。敷地内の朝一プラザ(さっぽろ朝市)2階に中国料理 布袋 中央市場店はあります。2階への入り口は地味なうえ、市場入り口とは反対(しかも建物の外)側です。

f:id:chicomaru2:20211212082615j:plain

こちらの営業は朝とランチのみ(08:00~14:00)。市場タイム仕様の布袋になっています。
この日のお昼どきは、1~2組の待ちが出ている満席状態。客層は市場関係者がほとんどかと思っていたら、一般の方と半分半分くらい。

f:id:chicomaru2:20211212083019j:plain

入店時に出ていた「市場店だけ!」のメニューが気になり、牡蠣の中華粥定食(水餃子3ヶ、ザンギ1ヶ、サラダ付き 800円)を注文します。

しばらくすると運ばれてきたトレイ。

f:id:chicomaru2:20211212082635j:plain

名物布袋のザンギはさすがの大きさ。特製の専用たれもちゃんと付いています。ものすごい角度になってしまう箸ではさんで、あむっ。たれにとぷっと浸けて、ぱくり…やはり安定した旨さ♪

f:id:chicomaru2:20211212082644j:plain

続いて、ふっくらした牡蠣がたくさん載っているお粥をレンゲで。お、油が回し掛けられているところに感じる中華粥っぽさ。とはいえ、油にクセはなくまろやかで優しい味わいです。

f:id:chicomaru2:20211212082651j:plain

水餃子は少しぴりっとした専用たれを浸けて、ちゅるるん。ひと口大で食べやすい。

厨房から揚げ物や炒め物の音がずっと響いている活気のある市場店でいただく牡蠣の中華粥定食。それなりのボリュームがありましたが、さらさらっと食べてしまいましたわ。

ごちそうさまでした ♬

f:id:chicomaru2:20211212082712j:plain